自由民主党 京都市会議員 寺田一博
自由民主党 京都市会議員 寺田一博 ブログ
自由民主党 京都市会議員 寺田一博 ヒューマン|寺田一博 政策理念|寺田一博 政策実現力|寺田一博 市会報告|寺田一博 活動報告|寺田一博 上京区|寺田一博 市政報告会|寺田一博
活動報告 |活動報告TOP|地域の声を形に|伝統的活動・地域活動|視察|様々な活動|党関連の活動|
自民党議員団視察(ズーラシア、大田区図書館)[2009.12.23]
今年も自民党議員団は3班に分かれて視察を行いました。私は昨年に引き続き班の責任者として、横浜市のズーラシア(動物園)と大田区の図書館指定管理者制度を視察先に選定しました。ズーラシアは開園10周年で来館者数がのびている人気の動物園です。自然の地形を活かし、地域・気候帯別に動物の生息環境を再現するいわば「動物園のテーマパーク」といった感じでした。面積も約40haで、現在行われている拡張工事が終われば50ha以上の日本最大級の動物園になるそうです。担当者に案内していただいたときに感じたのは「良いところ」よりも「この点が来園者に配慮できていないんです」と常に来園者の目線を意識されているところです。視察に行くと担当者からは利点ばかりを聞くことが多い中、本音でお話しいただけたと思っております。

大田区の図書館指定管理者制度は7割以上を人件費が占めていた現状を改善しようと平成14年度に一部業務委託に始まり、平成19年度より指定管理者制度がスタートしました。経費抑制の効果はあったようですが、 図書館という性質上、指定管理者の独自性が出しにくいようでした。京都市も財政状況が厳しい中、様々な対策を自民党議員団として提言したいと考えております。
まちづくり消防委員会他都市調査[2009.12.17]
12月14日〜16日の3日間委員会他都市調査を行いました。初日は北九州市消防局ワークステーションの視察。救急隊員の「質」を維持向上させる目的で医師協力の下取り組まれています。
2日目は倉敷美観地区の調査。京都市では都市計画局が景観政策を担当していますが、倉敷市では教育委員会文化財保護課が担当。 約40年前からの取り組みが少しずつ時間をかけて目指す街並みに変わっている様子を歩きながら感じました。

ここも近い将来電線を地中化する予定だそうです。

最終日には琴平町へ。町長、議長にご説明いただき観光産業が7割を超える町の現状と思いが伝わりました。 石畳風の道路舗装は、これからの京都市道路景観政策を実施する中で検討していかなければならないものだと考えています。そこで早くから実施されている琴平町への視察を提言したわけです。やはり実際に見に来て良かった点が多くありました。

[A]これは色はきれいなのですが、目地の入れかたが道路のラインと合っていないため違和感があります。

[B]これは施工年度が違うために見た目が違うというケースです。同じ条件で発注してもこれだけ違うのですから注意が必要です。




[C][D]これは水道管入れ替え等による一部改修を行ったところです。 少し離れるとわかりませんが、近づくとこのような感じです。目地のところまで改修するともう少し目立たないのかもしれません。









[E]手前と奥が石畳風で中央が石張りです。







[F]最後は金比羅さんの参道。車の通らない昔ならではの石畳。視察で感じたのは、施工の出来をどうコントロールするか、目地の入れ方についてデザインの段階で十分な検討が必要、改修のルール作りの必要性等です。京都市の第一号は上七軒になる予定ですが、すばらしいものを造って今後のモデルになればと願っています。
寺田一博事務所 〒602-8375 京都市上京区一条通御前通西入上ル大上之町57-1 TEL. 075-463-5441 FAX. 075-463-8333
Copyright KAZUHIRO TERADA All Rights Reserved.

活動報告|自由民主党 京都市会議員 寺田一博